我が子の心地よい状態、どれだけ知ってる?

だっこサロン サロン情報

こんにちは!鎌田まゆみです^^

年始に公開されました「だっこサロン」
だっこサロン
密かに募集を開始しています💕

だっこサロン始めます♪

ちなみに
だっこサロン以外にももう一つ始めたいサロンがあって・・・

それも近々公開したいと思っています!

このだっこサロン。
最大の目的は、謎に包まれし赤ちゃんの身体について知り、向き合うこと。。

割と壮大な目的ですね。笑

この壮大な目的のためにはまず、
赤ちゃんにとって心地よい身体の状態を知ってもらう必要があります。

我が子の身体の心地よい状態って、知ってますか?
お世話する時、意識して触れたりしていますかー?

これは、意外と盲点な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

赤ちゃんのお身体について少し書いてみると、

赤ちゃんは遊んだり日常生活の動きの中で身体の動かし方・使い方・感覚を覚えます。

心地よくお身体が使える状態では、動かしにくい方向や苦手な方向などがなく、前後左右・自由自在に身体を使います。

だが、そうでない場合・・・

そもそも身体の構造も使い方も知らない赤ちゃん達は、動かしにくい方向(制限がかかる方)があった場合、そっちについては動きはその程度の動きと脳が認識。

なので動かしにくい方へはあまりへは動かさないのです。(気づかない感じです)

動かしにくさというのは、元を辿れば・・・

ママのお腹の中にいた時の影響や出産時のストレス
その後の育っていく環境によって出来た身体の歪みなどのストレス
によって出てきます。

今上に挙げたようなストレスって、特定の赤ちゃんにだけ起こると思いますか?

出産の時にストレスを一つも受けない赤ちゃんなんて居ないのです。
経膣分娩だろうが、帝王切開だろうが、無痛分娩だろうが・・・

育つ環境だって、どれだけ部屋の温度や清潔面など完璧にしても、
天候や気圧の変動まで弄れません。笑(イジれたら人間としてスゴイ✨笑)

細胞は新しくてピチピチですが、笑
赤ちゃんだからってノンストレスなお身体ではないのですね。

なので、こういうストレスに負けない、強い身体にしていく。

そのためには、発達過程のなかで動かしやすい状態にしておいてあげて、

おっぱいやミルクも満足して飲めて、ぐっすり寝てくれて(時間じゃないよ)、離乳食が始まる時期も赤ちゃんのペースでいいから色んな食感の世界を知ってもらう。
寝返りやはいはいなどの動きの楽しさも知ってもらう。

つまり
心地よく自然に、出来ることが増えるように導いてあげる。

それが大人の役目かなとも思います。

ママ一人が請け負うのではなくてね^^

そこは、その赤ちゃんに関わる大人みんながその赤ちゃんの成長のために導く。

なので、まずは一番近くにいるママが、赤ちゃんの心地よいを知ってもらいたいのです💕

きっと思っているよりも柔らかいよ💕💕

我が子の身体ケア(整体)後の、緊張の取れたお身体の柔らかさ✨

ぜひ体験してみてね!!

【お申込みフォームはこちら💖】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

赤ちゃんのお名前(必須)

赤ちゃんの性別
男の子女の子

赤ちゃんの月齢(必須)

ご希望のメニュー
だっこサロンずっと泣いてる赤ちゃんの為のお体ケアサロンうんちスッキリサロンその他

コメント