生まれた後保育器に入っていたお子さまほど必要な、赤ちゃんの整体。

うつぶせくん 整体・骨盤調整

こんにちは、鎌田まゆみです。

ルピナスのメニューには『赤ちゃんセラピー』というのがあります。

これは、赤ちゃん向けの整体のことです^^
うつぶせくん
赤ちゃんセラピー後うつぶせで運動してました♪

赤ちゃんって、柔らかいし首も座っていない時は特にクニャクニャな印象だと思うのですが、

整体をしている者から見ると、お身体が凝っている赤ちゃんは結構沢山います。笑

若いのにね・・・笑

意外と、首すわり前の2〜3ヶ月のお子さまで平たいところで仰向けの姿勢でいる事が多い赤ちゃんは、お身体カチカチなんです。

SIDSの観点から、“寝かせる時は平たいところで仰向けに”は正解なのですよ。

ただ、
赤ちゃんの背骨は大人よりも丸まっていて(Cの字になっている)

まっすぐ仰向けに寝続けることは、意外と身体に負担がかかっていたりします。
(だから抱っこの方が落ち着く。背中が少し丸くなるので)

この仰向けに平たく寝かせられている状況にバッチリ当てはまるのが、

保育器の中で治療を受けている赤ちゃん。

治療中は姿勢がどうとか言ってられないし、治療が優先なのでそれで良いのですが、

保育器から出て退院した後も、その時のストレスがお身体に残っている事があります。

例えば、
点滴や酸素療法の為に抱っこしてあげられなくて、ずっと同じ方向を向いて寝かせていたため、頭が絶壁ぽくなっていたり。

それによってむきぐせができていたり。

出生時の呼吸障害や治療のストレスで身体が緊張していたり。

これらの負担によって
頭も身体も歪んで固まった状態をキープしたままになっている。

それは病気ではないのだけれど、
赤ちゃんにとって快適では無いお身体の状態になっているのです。

この状態、ほぐしてあげる事がとても重要で。

絶壁で頭の形がどうこう・・・という事よりも、

赤ちゃんの発達という側面からも、左右どちらも動かしやすい状態を作ってあげる事が必要だし、

歪みのない正しい位置に赤ちゃんの臓器がある事は、免疫力や体力も正しくついて来ることに繋がります。

なので、
出生後に赤ちゃんが何らかの治療を受けていた方は、ぜひ赤ちゃんの身体の歪みにも着目してみてくださいね。

赤ちゃんのお身体をほぐしてあげると、育児もしやすくなってくると思うよ💕

✴︎・。・。✴︎‥。❇︎..✴︎・。✴︎・。・。✴︎‥。❇︎..✴︎・。✴︎・。.
辻堂・茅ヶ崎・藤沢・湘南エリアの産前産後ケア
骨盤ケア・骨盤矯正・産後の骨盤矯正
授乳相談・育児相談など♪
お困りのかたは、助産院&整体サロン♣︎産前産後母子ケアルピナスへ❤︎
お問い合わせはコチラ
ご予約はコチラ
✴︎・。・。✴︎‥。❇︎..✴︎・。✴︎・。・。✴︎‥。❇︎..✴︎・。✴︎・。.

コメント